MENU

入れ歯・義歯

> 医療法人社団弘堂会 > 入れ歯・義歯

専門医が、使いやすくて見た目も自然な入れ歯をご提供

矯正治療

当院では、入れ歯・インプラント・歯科矯正といった特殊な治療技術が必要な治療では、それぞれの専門医が連携して治療にあたっています。入れ歯治療においても、義歯の専門医であるドクターが患者様のお口の状態やご要望を踏まえて、ご満足いただける治療に取り組んでいます。

入れ歯治療はこんな方にオススメです

  • しっかり噛める入れ歯がほしい
  • 見た目の自然さにもこだわりたい
  • 今の入れ歯には不満がある
  • 外れにくい入れ歯がほしい

当院の義歯・入れ歯の特徴

患者様のご希望に寄り添うためのアプローチ法

当院では、次のようなアプローチにより「痛くなく、しっかり噛める入れ歯」を製作・提供しています。入れ歯でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

しっかり噛めて、食べる満足感を味わえます

失ってしまった歯を補う治療の中で、インプラントが最新医療であることは確かなのですが「できれば手術は避けたい」という患者様も少なくありません。そのため当院では、入れ歯でも十分に噛めて、食べる満足感を味わえる入れ歯治療を行っています。

患者様の気持ちを汲み取ります

よく噛める入れ歯を作るためには、まず患者様の気持ちを汲み取ることが大切です。「普段どういった不具合があるか?」「どんな点で悩んでいるか?」「いつ頃から困っているか?」といったことを、ていねいにしっかりとヒアリングします。

患者様に適した材料をピックアップします

義歯の材料は基本的に昔から変わっておらず、コバルトクロム合金、チタン合金、金合金、そしてプラスチック樹脂でできたレジン系があります。それぞれ長所と短所があるので、どれが最良かということはありません。重要なことは、使用する患者様に適した材料を見極めることなのです。

金属を使わない義歯・入れ歯がお勧めです

スマイルデンチャー

スマイルデンチャー

スマイルデンチャーは、ナイロン樹脂で作られた薄くて弾力性に優れたまったく新しい入れ歯です。「目立たない」「丈夫」「よく噛める」「痛くない」など、入れ歯のデメリットを克服した快適な使用感が特徴です。また、金属未使用なので、金属アレルギーの心配もありません。

入れ歯のエステ

「入れ歯のエステ」とも言われる金具のないスマイルデンチャーは、初めて入れ歯を入れる方や金属アレルギーの方、欠損している部分の左右の健康な歯を削るのが嫌な方、インプラントにしたいけれど手術が怖い方など、多くの方に人気です。しかも、無味・無臭で安定して食べることができ、違和感のない自然な発声となります。

目立たず快適な使い心地

金属バネを使った部分入れ歯は残った歯に金具をかけて固定するため、口を開けたときに金具が目立ってしまいます。また入れ歯が合わなくなってくると、この金具が歯(残存歯)に負担をかけてしまいます。

スマイルデンチャーは、このような金具がないことに加えて歯肉に近い色の素材を使っているので、入れ歯が入っているように見えません。また内側にも金具が使われていないのでフィット感や舌感がよく、違和感も少なくなります。しかも隙間が少ないため、入れ歯と歯肉の間に食べ物が入りにくくなります。

スマイルデンチャーの特徴
  • 金属のバネがなく、見た目がよい
  • とにかく軽い
  • 見た目に入れ歯だとわからない
  • ピッタリとして装着感がよい

バルプラスト

バルプラスト

バルプラスト義歯は、金属のバネを使わない部分床義歯です。歯の表面に金属バネがないため、お口の中に入れても入れ歯だと気付かれません。壊れにくく、入れ歯の厚さをかなり薄くできる点も特徴で、装着感がよく、入れ歯を苦手と感じている患者様にも安心してお使いいただけます。

バルプラストの特徴
  • 弾力性の強い材質であるため薄く仕上がり、使い心地が快適
  • 金属ワイヤーがないので見た目が自然
  • 金属のバネがないので、金属アレルギーの心配がない

金属床義歯にもメリットがあります

金属床義歯

金属床義歯は、プラスチックの入れ歯に比べて丈夫な素材である金属を使うため、快適で壊れにくい入れ歯です。また、金属だからこそ薄く仕上げることが可能で、装着時の違和感が少なく、熱の伝わりのよさで一層美味しく食事を楽しめる点も特徴です。

金属床義歯の特徴
  • 食べ物の熱い、冷たいが伝わりやすく、食事が美味しい
  • 金属部分が汚れにくいため、清潔さを保ちやすい
  • 約2mm以上のレジン床と異なり、薄く細くできるので快適に話せる(約0.1mm)
  • 丈夫で壊れにくい
  • 歪まないので残った歯と歯ぐきに優しい
  • さまざまな種類の金属があり、金属アレルギーの恐れが少ない(チタンなど)
  • 症例や患者様の希望に応じた設計が可能

金属が用いられるのは上顎と密着する部分で、当院では「チタン床」と「コバルトクロム床」をご用意しています。総入れ歯のほか、部分入れ歯にも対応しています。

コバルトクロム床

床部分が薄く、熱が伝わりやすい点が特徴です。食べ物の温度を感じ取ることができるので食事の際の違和感が少なく、プラスチックの入れ歯を使用したときより食事を美味しく感じることができます。

チタン床

床の部分がチタンでできており、コバルトクロムの義歯よりさらに薄く、重さも1/6と軽量で適合もぴったりします。コバルトクロムの特徴に加えて生体親和性がよいことから、金属アレルギーを持っている方でも安心して使える義歯です。

金属床義歯をさらに快適にする「スマイルジョイ」

スマイルジョイ

安定感に優れた金属床やレジン床の義歯を選択したものの、使用すると痛みが...という方のために開発されたのが「スマイルジョイ」です。レジンや金属の床にクッションとなるシリコンをハイブリッド結合させることによって、シリコン弾性を最大限に生かして吸着維持を追及した、痛くない、外れない、しっかり噛める義歯が実現します。

スマイルジョイの特徴
  • 床部分がシリコンで形成されているため痛くない
  • シリコン層とレジン層が特殊技術で一体化されているので、剥がれない
  • アンダーカットまで床が伸ばせるため外れにくい
  • 基礎は金属床義歯なので安定感が得られる