MENU

審美歯科

歯の健康とトータルバランスを重視した審美歯科治療

歯の白さや歯並びといった美しさに焦点をあてた歯科医療全体を指す言葉が「審美歯科」です。歯の機能を修復するだけでなく「銀歯が目立って気になる」「きれいな歯で笑顔に自信を持ちたい」というお悩みに応えるために、さまざまな素材や治療方法が登場しています。

とは言っても、口元を美しくするために使用した素材が健康な歯を傷つけてしまったり、噛みやすさが損なわれたりするような処置は治療とは呼べません。当院では「歯本来の機能である噛みやすさ」と「見た目の美しさ」の両方を視野に入れ、患者様のご要望に応えられる治療をご提供します。

審美歯科歯を美しくしたいはこんな方にオススメです

  • 加齢による歯の黄ばみが気になってきた
  • 白く輝く歯に憧れる
  • 歯の形が気になる
  • 銀歯を目立たなくしたい
  • 短期間で歯並びを整えたい

ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレー

レジン(プラスチックの一種)にセラミックス(陶材)を加えた素材をハイブリッドセラミックスと言い、その素材で作られたインレー(詰め物)がハイブリッドインレーです。

特徴は、白く美しい色合いであることに加え、オールセラミックスに比べて比較的安価な点。さらには、非常にやわらかいので周囲の歯を傷付ける心配がなく、金属不使用なので体に優しく、金属アレルギーの心配もありません。

オールセラミックス

オールセラミックス

白く透明感のあるセラミック(陶材)を使用した人工歯。内部にも金属を一切使用しないため体に優しく、アレルギーの心配もありません。さらに光の透過性が高く、天然歯と同じような自然感が得られます。

ファイバーコア

ファイバーコア

進行してしまった虫歯を治療する場合、抜歯は免れたとしても、歯の根の内側まで深く削って患部を除去しなければなりません。そうすると土台となる部分が不足してしまうため、そのままでは詰め物や被せ物による治療ができません。

そこで、まずは「歯の土台となる部分(コア)」を作ります。コアの材料として代表的なものが「ファイバーコア」と「金属コア」ですが、当院では次のような特徴から「ファイバーコア」をお勧めしています。

ファイバーコアの特徴「歯と体に優しい」

金属のコアは、人の歯と比べて硬さが約6倍にもなるため、強い力が加わると歯の方が支えきれずに割れてしまうことがあります。その点、人の歯とほぼ同じ硬さのファイバーコアであれば、歯と一体となって負荷をしなやかに受けとめるので、歯が割れにくくなります。

また、金属コアを使用した場合の金属アレルギー、金属イオンによって歯ぐきが下がったり黒ずんでしまったりする、といった心配もファイバーコアにはありません。

ファイバーコアの特徴「光の透過性」

人の歯が白く明るく見え、しかも自然な透明感を放っているのは「光をよくとおす」という特徴を持っていることによります。しかし金属は光をまったくとおさないため、金属コアを用いると、歯ぐきと歯の境目が暗く不自然になってしまいます。

その点ファイバーコアは人の歯と同様に光を透過する性質を持っているので、とても自然な仕上がりとなります。