MENU

歯周病

歯周病は歯を支えている骨や歯肉の感染症です

歯周病

歯周病は、歯周病菌による感染病の一種で、歯を支えている骨や歯肉の病気です。初期には自覚症状がほとんどないため、自分が歯周病に感染していることに気がついていない方も多いのですが、日本人の成人の約8割が感染していると言われます。

クリーニングなどで治療することが可能です

軽度の歯周病の場合は、歯のクリーニングやPMTCと呼ばれる専門的なクリーニングなどの予防歯科メニューで治療することが可能です。ただし重度になると外科的な治療が必要となるケースや、最悪の場合には歯を失ってしまうリスクもありますので、早期発見・早期治療のためにも定期的な検診をお勧めします。

歯周病の進行と治療方法

軽度歯周病

軽度歯周病

歯と歯肉の間にプラーク(歯垢)や歯石が溜まって細菌が繁殖。歯肉に炎症が起き、歯肉の腫れや出血が見られる状態です。

【治療方法】

  • ブラッシング指導
  • 1~2回のクリーニングで比較的短期間で回復可能
中等度歯周病

中等度歯周病

口臭や出血がひどく、歯石の付着も目立つ状態。徐々に骨が後退し始めて歯周ポケットも深くなり、歯にグラつきが起き始めます。

【治療方法】

  • 歯周ポケットの奥まで付着した歯石の除去
  • 痛みを感じるときは麻酔が必要
  • 場合によっては、歯周外科の適応となる
重度歯周病

重度歯周病

化膿によって歯肉が真っ赤に腫れ上がり、骨の破壊もかなり進行。歯を支えきれず、グラグラと大きく動いてしまう状態です。

【治療方法】

  • 歯周外科にて対応
  • 歯の保存が不可能な場合は抜歯