MENU

専門チームによる連携の強み

> 医療法人社団弘堂会 > 専門チームによる連携の強み

チーム連携による質の高い治療

当院では、担当医がコーディネーターとして各専門医と連携を取りながら診療を行っています。たとえば、外科手術が必要となるインプラント治療ではインプラント担当医と協力し、入れ歯の製作が必要となる義歯の分野では義歯担当医と協力。噛み合わせや歯並びを治療する矯正歯科治療では、矯正担当医と協力して治療を行います。

「インターディシプリナリー」とは「学際的」という意味で、このように、さまざまな分野の専門医が連携して診療にあたることを「インターディシプリナリーアプローチ」と言います。

幅広い分野の治療を高いレベルで受けられます

複数の領域の専門家が知識を出し合って無駄や重複のない治療計画を立て、各々の専門領域の治療を担当するというアプローチの最大のメリットは、幅広い分野の治療を高いレベルで受けられるという点です。

当院では、専門性の高い歯科医師同士が日々ディスカッションをしながら治療を進め、それぞれの専門分野を活かしたチーム医療により、患者様にご満足いただける治療を行っています。そのため治療期間が短く、精度においても高評価をいただいています。

細分化した専門性が質の高い治療を実現します

当院も、開業当時は少数のスタッフでスタートしました。ですが、勤務医時代にはすでに「自分の得意な分野以外は、その道のプロに任せたほうが患者様のためになるのでは」と考えていました。そのため開業後はまず、矯正治療は東京医科歯科大学の専門医の先生にお願いし、徐々に小児歯科やインプラントといった専門医を集めていき、現在に至ります。

専門性の細分化は、質の高い治療の実現には大変重要なポイントです。それは、衛生士に任せる仕事に関しても同様です。衛生士でも可能な処置や治療もありますが、医師には医師の、そして衛生士には衛生士の専門業務に集中してもらうことにより、より質の高い治療の提供が実現できると考えます。

患者様との距離が近い「小さな大学病院」

チーム医療というシステムは、大学病院では珍しくないかもしれません。ですが当院のように、こうした体制を整えているクリニックは、まだまだ数少ないと思います。

地域に根ざしたクリニックだからこそ、大学病院にはない親密感や親近感も大切にしつつ「小さな大学病院」として、大学病院レベルの高度な治療を提供するということが両立できるのだと考えます。さらには、大学病院に比べて待ち時間が格段に短くて済むことも、患者様にとって大きなメリットではないでしょうか。