MENU

歯が抜ける原因とは?抜けるリスクが高い歯の特徴や予防法を紹介

> 医療法人社団弘堂会 高田馬場駅前デンタルクリニック > 歯が抜ける原因とは?抜けるリスクが高い歯の特徴や予防法を紹介

歯科コラム/2021年12月9日

歯が抜ける原因

私たちの身体の組織は、傷ついても再生する力を持っていますが、歯は例外です。虫歯菌に溶かされたり、外傷で歯そのものを失ったりすると、二度と元には戻らないからです。それだけに、歯が抜ける原因をよく理解して、歯の喪失をできる限り予防することが大切
です。ここではそんな歯が抜ける原因や抜けるリスクが高い歯の特徴、歯を失わないためにすべきことなどをわかりやすく解説します。

歯が抜ける主な原因

歯周病

歯が抜ける主な原因は、歯周病と虫歯です。

原因①歯周病

◎歯を失う原因第一位は歯周病

意外に思われるかもしれませんが、日本人が歯を失う原因第一位は、歯周病です。歯周病は、軽度であれば歯茎の腫れ・出血などが主な症状として現れますが、進行すると痛みが加わり、最終的には歯茎や顎の骨が破壊されて歯を支えきれなくなります。その結果、歯を失うのです。

◎自覚症状に乏しい病気

歯周病は、日本人の成人の約8割がかかっているといわれている病気です。その数の多さを聞いて驚かれる方も多いですが、自覚症状に乏しい点を踏まえると納得できるかと思います。歯周病はサイレントディジーズ(静かなる病気)とも呼ばれることがあり、患者さんが気付かないうちに症状が悪化し、歯が抜けるくらいまで進行してしまう病気なのです。この点は虫歯と大きく異なりますね。

◎歯周病菌を完全に除去するのは難しい?

歯周病の根本的な原因は歯周病菌への感染です。歯周病菌が歯茎や顎の骨に感染し、炎症反応などを引き起こします。その過程で、歯肉や歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)を破壊していくのが歯周病の実態です。虫歯であれば、歯を削ることで虫歯菌を排除できますが、歯周病の場合は歯肉や歯槽骨を削るわけにもいきませんので、歯周病菌の温床となるプラークや歯石を地道に除去していく他ありません。つまり、感染している部位を外科的に除去できないことから、重症化もしやすくなっているのです。

原因②虫歯

◎歯を失う原因第二位は虫歯

虫歯は、虫歯菌が歯に感染することでエナメル質や象牙質が溶かされていく病気です。歯周病よりも痛みなどの強い症状が現れやすく、比較的早い段階で自覚できることが多いです。そのため、虫歯治療を受ける人も多く、歯が抜けるまで放置するケースは稀といえるでしょう。

◎虫歯も進行すると歯を失うことになる

虫歯は、進行度に応じて治療法も変わってきます。軽度の虫歯では、虫歯菌に感染した歯質を少し削り、コンポジットレジンなどを詰めて治療が完了します。虫歯菌によって形成された穴が大きくなると、銀歯などの大きな修復物で補う必要が出てきます。歯の神経まで侵され、歯冠もボロボロになり、歯の根の先に膿の塊ができるようになると、いよいよ抜歯が適応されます。

抜けるリスクが高い歯の特徴

今現在、正常に機能していても、数年後には抜けるリスクがある歯には、いくつかの特徴があります。

リスク①歯周ポケットが深い歯

深い歯周ポケットが形成されている歯は要注意です。歯周ポケットとは、歯と歯茎の境目に形成される溝ですが、歯周病が進行することによってどんどん深くなります。正常な人でも1~2mmの歯周ポケットは存在するものですが、これが4mm以上になると歯周病と診断され、10mmを超えるといよいよ歯が抜けるリスクが大きく上昇します。ちなみに、歯周ポケットが深くなるのは、歯茎の細胞が破壊されていることを意味します。

リスク②放置された虫歯

虫歯は、自然治癒しない病気なので、歯科での治療を受けなければ治りません。何もせず放置すると、病状がどんどん進行して、最終的には歯が抜けることとなります。ですから、痛みという具体的な症状が現れなくても、虫歯に気付いたら放置せず、すぐに歯科を受診しましょう。

リスク③被せ物をされている歯

銀歯のような被せ物をされている歯は、将来的に抜けるリスクが高いです。被せ物には寿命がありますし、口腔ケアが不十分だと、歯との間に虫歯菌が入り込んで、虫歯を再発される可能性が高いからです。そもそも被せ物を装着している時点で、その歯は清掃性が悪く、虫歯の発症リスクが高いと判断できます。1本の歯に行える歯科治療には回数に限りがあり、再治療を繰り返すほど歯を失う可能性も高まります。

リスク④部分入れ歯の針金がかけられている歯

入れ歯は、取り外し式の装置であり、お口の中への固定は残った歯に頼らざるを得ません。とくに部分入れ歯の場合は、クラスプと呼ばれる金属製の留め具を残存歯に引っ掛けて固定することから、支えとなる歯の寿命が縮まりがちです。定期的なメンテナンスを受けて、入れ歯を最適な状態に保たなければ、支えとなる歯の寿命がどんどん縮まる点にご注意ください。

◎ブリッジの支えとなる歯も要注意

入れ歯ではなく、ブリッジを装着している人も、支えとなる歯に大きな負担がかかっていることを知っておいてください。しかも、ブリッジでは支えとなる歯を大きく削っているため、それだけでも歯が抜けるリスクが高まっています。その上、噛んだ時の力の大半を担うことから、部分入れ歯の支台歯以上に、歯の寿命は縮まりやすくなっているといえるのです。

歯が抜け始める平均年齢

家族

大人の歯である永久歯は、親知らずを除くと全部で28本生えてきます。
これを一生涯すべて健康な状態で保てる人はごく一部であり、年齢が上がるにつれ歯を1本、また1本と失っていくのが一般的です。歯が抜け始める平均年齢は40代で、1.5本程度失います。50代になると2.5本程度失うことから、70歳になるまえに、合計で4本程度の歯が抜けることとなります。もちろんこれはあくまで平均で、しっかりと歯科治療を受ければ1本も失わずに済むこともあります。

歯が抜けるのを予防する方法

歯の予防

歯が抜けるのを予防したい方は、以下に挙げる方法を実践しましょう。

予防①定期的にメンテナンスを受ける

歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることで、虫歯や歯周病を早期に発見することができます。これらは歯が抜ける主な原因ですが、重症化させなければ歯の喪失につながりません。もちろん、具体的な症状がない方にも、虫歯・歯周病の予防につなげることができるため、定期的なメンテナンスはおすすめです。

予防②デンタルフロスや歯間ブラシを使用する

歯と歯の間の汚れは、歯ブラシによる歯磨きで落とすことが難しいです。歯間部の汚れを放置すると、歯垢や歯石が堆積して虫歯・歯周病を誘発することから、デンタルフロスや歯間ブラシを活用することをおすすめします。歯間部まできれいにお掃除できれば、虫歯・歯周病のリスクも大きく減少し、歯が抜ける可能性も低くなります。

予防③歯ぎしり・食いしばりによるダメージを防止する

歯ぎしり・食いしばりといった悪習癖は、歯や歯茎、顎の関節に多大なダメージを及ぼします。歯が抜ける原因となるだけでなく、お口全体の健康も害するため、できるだけ防止することが大切です。ご自身での改善が難しい場合は、歯科医院で治療を受けましょう。歯科では歯ぎしりをマウスピースで治療することができます。

予防④食生活を見直す

虫歯菌のエサとなる糖分を過剰に摂取している、間食が多くお口の中が不潔になりやすい、といった食生活を送っている人は、歯の喪失を防ぐためにもその習慣を一度見直す必要があります。歯科の定期検診では、虫歯・歯周病になりにくい食事の摂り方などもご提案できます。

予防⑤喫煙・節煙をする

喫煙習慣は、歯周病のリスクを大きく上昇させます。タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素が歯茎の血流を悪くするからです。また、タバコのヤニが歯面に付着すると、プラークや歯石の形成を促します。その結果、歯周病を誘発するだけでなく、急速な勢いで症状を悪化させます。ですから、喫煙者の型で歯が抜けるのを防ぎたいのであれば、喫煙・節煙することが何より重要といえます。

まとめ

このように、歯が抜ける主な原因は歯周病と虫歯であり、これらの病気を早期発見・早期治療、あるいは予防することが歯の喪失を防ぐ最善の方法といえます。いつまでも自分の歯で噛みたい、歯が抜けて入れ歯を装着するのは嫌、という方は、積極的にお口の病気を予防していきましょう。当院までご相談いただければ、虫歯・歯周病を効率良く予防できる方法をご提案できます。